ホーム > 企業情報 > 経営理念

経営理念

市場ナンバーワンを追求し
社会に安心と便利と楽しさを
お客様と取引先に商売繁盛を
社員に成長と幸せ実現の場を
提供し続けます
代表取締役社長 伊藤 知之

当社は大正5年に「日本貿易日報」を発刊する新聞社として創業しました。昭和30年ごろから車社会の到来に伴いガソリンスタンドで使用される給油伝票印刷で全国シェア60%となり、その後も、カード発行業務、様々な商品の開発、イベント企画など業務を拡大してきました。また、平成10年に世界ブランドのVISAカードとマスターカードの認定工場に指定されたことをきっかけに、キャッシュカードや保険証カード、社員証などのカードの発行業務に進出しました。当社は、これらのSS事業とカード事業という分野で、ナンバーワンの価値を追求し提供してきました。

これらの事業活動をとおして車社会の安全や便利さに貢献し、さらにカードの利用で生活の便利さや楽しさなどに貢献してまいりました。そして「三方よし」とよく言われますように、これからもお客様やお取引先に最大限の商売繁盛を提供できるように、工夫し続けてまいります。

現在、当社は3つの新規事業に取り組んでおります。①日本の少子高齢化による業界の人出不足に対する「人材紹介事業」、②販売促進の手段もデジタル化していくことに対応したスマホアプリの開発などの「デジタル販促事業」、③ICチップがあらゆるモノに搭載されていくことに対応した「RFID事業」の3つの新規事業に取り組んでおります。お客様やお取引先に新たな価値を提供すると同時に、カーボンニュートラルによる環境変化に対応した新規市場への進出を図ります。

そして、企業経営の目的として、社員の成長と幸せの実現が大切だと考えております。社員ひとりひとりの希望する未来を具象化し、そのための目標を持ち、それを実現していくことができるよう最大限のサポートをすることが会社の役割と考え、今後も取り組んでいきます。

 

pagetop